初心者が失敗する整文

こんにちは、主婦のTEPUKOです。

テープ起こしで一番多い依頼はケバ取りですが、議事録などのテープ起こしをする時には「整文」で依頼されることがあります。整文とはケバ取りした文章をさらに整理する事で、文章を整えて読みやすくする作業です。

読みやすくするだけなら簡単って思って、結構初心者は仕事を受けやすいんですが、結構失敗しやすいのです。というのは、整文の加減がわからないって言う事が特に失敗として挙げられるのです。つまりは完成しているはずなのに未完成になってしまっているって事なんですね。

実はケバ取りは初心者でも比較的時間はかかってもできなくはないのですが、この「整文」は初心者の方は受けない方がいいのです。というのも、ほぼ作業するのが不可能な作業だからです。

語体を整えているだけの作業なのになぜか読みづらい文章になってしまっていたりして、最悪の場合は意味がどんどんズレていってしまい、本来の意味とはかけ離れた解釈をして内容が書かれていたりもします。

こうなってしまっては整文の意味がなくなってしまうので、意味をしっかりと理解できて、文章を整理できるようになってから依頼を受けた方が良いですね!

最初のうちはケバ取りをこなしてテープ起こしライターとしてのスキルや経験を積んでいくほうが良いと思います。

音がどうしても聴き取れない時の対処

こんにちは、主婦のTEPUKOです。

テープ起こしを仕事にしていて一番苦労するのは、起こしてる作業じゃなくてどうしても聴き取れない時です。

正確にテープ起こしをしないといけないのに、その正確な音が聴き取れないのでは意味がないわけです。

聴き取れない箇所の文字起こしは自己判断ででやってはいけないので、いくつかの対処法を実施します。

まずはクライアントさんが指定をしてくる場合です。これはその指定に従って対応していく事になります。ただ、全体の話の流れを把握しておくと意外と聴き取れたりもするので、そうやって解決させることもあります。

その他には、音声ソフトを利用してノイズキャンセリングを行う事である程度までは除去できるのでこれをする事で聴き取りをしやすくする方法もあります。

 

ノイズを除去してある程度クリアな状態にしてから聴いてもやはり聴き取れないって言う事もあります。そういった時は不明箇所の表記を工夫する必要はあります。

不明点を聴こえた通りにカタカナ表記で記載して、最後に録音時間の場所の記載をしておきます(記録時間のみ)。時間を記載しておくと後から該当する箇所を確認した時に手間を省く事ができますからね。さらに不明箇所に色付けをしておくとぱっと見でもわかりやすいのでおすすめです。

しかし、言葉として聴きとれるレベルのものではなく、カタカナで書くこともできないなどの場合は丸を書いたり、アスタリスクマークなどを使って不明場所の記載をしておくと良いです。文字数がなんとなくわかる場合は文字数分を空けておくと良いです。たた、不明な箇所はクライアントさんによって記載しておいてほしい記号などは異なるのでその都度対応しておくと良いですね。

ただ、普段から本を読んだりして文字に触れる機会を増やし、語彙力を高めておくと意外と聴き取れた音を言葉に変換する事ができるのでこういった努力はしておくと良いと思いますよ。

テープ起こしをしている主婦です

はじめまして~

主婦のTEPUKOと申します(^ω^)

旦那は普通の会社員で、年収が400万円くらいです。

少しでも家計の足しになればと、私は在宅でテープ起こしをしています。

こう見えてPC操作とタイピングにはそれなりに自信あるんですよ!タッチタイピングはテープ起こしの最重要スキルです。

周囲にはあまりテープ起こしをしている人がいなくて、話し相手もいないので、ブログを始めてみました(笑)

いや、仕事しろよって感じなんですけどね(笑)

今日も今日とてケバ取りのテープ起こしをする私。

ケバ取りっていうのは、音声に入り込んでくる「えー」とか「あの・・・」とか「その~」とかの意味のない言葉を取り除くことですね。

読んでいる文章に、話し言葉みたいに「あのー・・・」とか入ってたら読みづらくて仕方ないですからね、とても大事な仕事です。

逆にケバ取りをしない素起こしという起こし方や、整文、要約というやり方もあります。

私はケバ取りや整文が結構好きで、キレイな文章が生み出されることに喜びを感じるのですが、一方で素起こしは話し方のクセが強い人だと結構疲れちゃいますね(-_-;)

要約は話をしっかり理解しないとできないので、やはり難易度が高いと感じます。

一般的なテープ起こしならケバ取りでの依頼が一番多いですが、しばらくケバ取りした後に別の案件で素起こしが来ると、ついつい「ええと・・・」みたいなものを聞き逃したりしそうになってしまうのが大変です。

人間の耳にも癖が付くんですねえ(;^ω^)

子供が手のかからない年齢になったから、仕事自体は集中して取り組めています。

もう少し仕事の量を増やしても良いかな?と思う今日この頃です。