音がどうしても聴き取れない時の対処

こんにちは、主婦のTEPUKOです。

テープ起こしを仕事にしていて一番苦労するのは、起こしてる作業じゃなくてどうしても聴き取れない時です。

正確にテープ起こしをしないといけないのに、その正確な音が聴き取れないのでは意味がないわけです。

聴き取れない箇所の文字起こしは自己判断ででやってはいけないので、いくつかの対処法を実施します。

まずはクライアントさんが指定をしてくる場合です。これはその指定に従って対応していく事になります。ただ、全体の話の流れを把握しておくと意外と聴き取れたりもするので、そうやって解決させることもあります。

その他には、音声ソフトを利用してノイズキャンセリングを行う事である程度までは除去できるのでこれをする事で聴き取りをしやすくする方法もあります。

 

ノイズを除去してある程度クリアな状態にしてから聴いてもやはり聴き取れないって言う事もあります。そういった時は不明箇所の表記を工夫する必要はあります。

不明点を聴こえた通りにカタカナ表記で記載して、最後に録音時間の場所の記載をしておきます(記録時間のみ)。時間を記載しておくと後から該当する箇所を確認した時に手間を省く事ができますからね。さらに不明箇所に色付けをしておくとぱっと見でもわかりやすいのでおすすめです。

しかし、言葉として聴きとれるレベルのものではなく、カタカナで書くこともできないなどの場合は丸を書いたり、アスタリスクマークなどを使って不明場所の記載をしておくと良いです。文字数がなんとなくわかる場合は文字数分を空けておくと良いです。たた、不明な箇所はクライアントさんによって記載しておいてほしい記号などは異なるのでその都度対応しておくと良いですね。

ただ、普段から本を読んだりして文字に触れる機会を増やし、語彙力を高めておくと意外と聴き取れた音を言葉に変換する事ができるのでこういった努力はしておくと良いと思いますよ。